忍者ブログ

性感染症・性病 クラミジア 独身女性の悩み

性病・性感染症に罹る独身女性が増えています。たかが性病と侮るなかれ。すぐに調べて治療しましょう。

December 14,2017

● [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

↑   by at 03:27

November 19,2007

● 性感染症例が急増、クラミジアは100万突破 米国

米国でもクラミジアが広がってます。

(CNNより引用)

ジョージア州アトランタ──米国における性感染症例が急増し、特にクラミジアは昨年、約103万1000例に達していることが、米疾病対策センター(CDC)が13日に発表した統計報告で明らかになった。

CDCによると、昨年のクラミジア感染例は前年の97万6000から増加し、初めて100万を突破。性感染症としては、1978年に101万3436例に達した淋病の記録を超える数となった。

10万人当たりに換算すると、2005年の329人から2006年には348人と、5.6%増加している。

特に、黒人女性の感染率は、白人女性の7倍、ヒスパニック系女性の2倍に達している。

CDCは1993年から、15─25歳の女性を対象に、性感染症の検査を受けるよう勧めている。しかし、クラミジアは感染していても、4人に3人の女性は感染に気付いておらず、放置すれば不妊につながるとして、注意を呼び掛けている。

クラミジアのほか淋病については、2004年には10万人あたりの感染率が112.4人と、統計を取り始めた1941年以来、最低となった。

しかし、その後は増加に転じており、昨年は2005年から5.5%増加した、10万人あたり121人に増えている。

また、梅毒についても、2005年の約8700例から06年には約9800例と増加傾向にある。10万人あたりでは2.9人から3.3人と、14%の増加だ。梅毒に感染した母親から生まれた赤ちゃんの死亡率は、非常に高くなる。

CDCでは、特に若い女性の性感染症感染には注意が必要だとして、医療機関で検査を受けるよう促している。

PR

性病 性感染症 クラミジア ニュース

↑   by No Name Ninja at 12:30

November 10,2007

● 英国の若者の20%、海外旅行で新たな相手と性交渉

こんな性病の感染源もあります。性感染症が広がっているのは、日本だけではありません。ご注意を。

(ロイターより引用)

 英国の若者の5人に1人が、海外旅行先で新しいパートナーと性交渉を持ち、自らをHIVなどに感染する危険にさらしていることが明らかになった。英ロンドン大ユニバーシティーカレッジのキャサリン・マーサー博士が率いる調査チームが8日、学術誌「Sexually Transmitted Infections」で発表した。

 調査は、数千人を対象に行われた性生活などに関する調査への参加者から無作為で被験者を選び、インタビューを行う形式で行われた。その結果、16─24歳では、男性の23%、女性の17%が、過去5年間で海外旅行中に新たな相手と性交渉を持ったと答えた。

 これらのケースでは、HIV感染の可能性が低いと考え、英国人やヨーロッパ人を性交渉の相手として選んでおり、性感染症の危険性を十分理解していないという。

 英国はすでにヨーロッパの他の国々と比べ、性病の感染率がはるかに高くなっている。

性病 性感染症 クラミジア ニュース

↑   by No Name Ninja at 12:25

October 31,2007

● 性病と性感染症

性病と性感染症の違いが書かれていますので、引用させていただきました。

(IBTimesより引用)

今回は「人間のたしなみ」性感染症の予防について。

ところで皆さんは「性感染症」と「性病」の違いをご存知でしょうか?

性病とは1998年に廃止になった「性病予防法」で梅毒、淋病、軟性下疳、鼠径リンパ肉芽腫、これら4つの病気と定義されていました。
ところが廃止に伴い、法律上から「性病」という言葉は消えたのです。

それに変わって制定された「感染症法」は伝染病予防法、性病予防法、エイズ予防法の3つのを統合した法律で、
性感染症」がエイズ、性器クラミジア感染症、性器ヘルペス、肝炎などの病名も広くカバーする性行為を伴う感染症の総称となりました。

性行為をする上で最も現実的な予防法はコンドームと言われていますが、それで100%性感染症が予防できるというわけではありません。
そのことを誤解している人はとても多いのです。
また避妊と性感染症予防がごっちゃになっている人が多い、という事実も・・・。

性行為と性感染症に関しては本当に正しい知識を持ってほしいですし、もし疑いがあるときは素人判断せず早いうちに病院に行くのが一番です。

場合によりますが、男性は泌尿器科、女性は婦人科をまずは受診し、相談してみるのがいいでしょう。

性病 性感染症 クラミジア ニュース

↑   by No Name Ninja at 12:38

October 22,2007

● 性感染症患者、再び増加傾向 06年県内、前年より25%増303人

自覚症状に乏しいのがクラミジア。それだけにこわい性病です。コンドームを着用するか、心当たりの方は必ず医師の診察を受けましょう!!!

(徳島新聞より引用)

 性器クラミジア感染症などの性感染症(STD)患者が徳島県内で増加傾向にある。県の定点調査によると、二〇〇六年は三百三人と前年(二百四十三人)より約25%の増。〇四、〇五年と二年連続の減少傾向から転換した。今年は八月末現在で二百五十九人と、〇六年を超す勢い。増加に歯止めが掛かっていない状況が浮き彫りになった。

 県は性器クラミジア感染症、性器ヘルペスウイルス感染症、尖圭(せんけい)コンジローマ、淋菌(りんきん)感染症の四種類のSTDの発生状況を六病院で調べている。

 感染者は〇二年に百人だったが〇三年(三百五十九人)以降、二百人を超えている。毎年、最も多いのはクラミジアで、〇六年は百四十七人とほぼ半数を占め、淋菌(六十五人)、ヘルペス(四十八人)、コンジローマ(四十三人)と続いた。

 今年(八月末現在)の感染者数は前年同期(百八十四人)をすでに上回った。疾病別の内訳はクラミジアが百二十八人と最多。次いで淋菌四十九人、コンジローマ四十四人、ヘルペス三十八人。コンジローマは前年の総患者数を超えた。感染者の性別は、いずれの疾病も男性が女性を上回っている。

 国内では近年、クラミジア患者の増加が社会問題化。八月末現在の全国調査では、特に二十代の感染者が半数以上。女性は感染の低年齢化も進んでいて、十五-二十四歳が47%を占める。

 クラミジアは自覚症状に乏しい。悪化すると不妊の原因になる上、他の性感染症やHIV(ヒト免疫不全ウイルス)に感染する可能性も高まる。

 県の調査は調査地点が少なく実態の全容把握は難しいが、多くの医師からは「感染症について低年齢時からの啓発や学習の機会を増やすべき」と、対策の強化を求める声が上がっている。

 徳島市内の医師は「行政は少子化対策に力を入れているようだが、性感染症は少子化問題にも影響する。密接に関連していることを知ってほしい」と話している。

性病 性感染症 クラミジア ニュース

↑   by No Name Ninja at 12:13

October 18,2007

● 10代未熟な性病の知識 先走る性、体顧みぬ行動

10代に性病が広がっていることは問題ですが、この記事でもあるように、親達の認識もとてもあまいと思います。まずは親たちに、性病と早すぎる性行為のリスクについて、正しい認識を、という考え方は、とても大事なことだと思います。

(読売新聞より引用)

■ 産む高校生 親も知らぬ中絶

 10歳代の性行動が活発になっているのに、避妊などの正しい情報が若者のもとに届いていない。妊娠する女子生徒や、性病にかかる中高生もいる。こうしたなか、思春期の心身をサポートする取り組みも生まれている。

 首都圏のある公立高校では、昨年から今年にかけて、妊娠した3人の女子生徒が「産みたい」という希望を教師に伝え、在学のまま出産することになり学校側を困惑させた。

 中学生が出産するテレビドラマ「14才の母」が話題を集めたのが昨年秋。「ドラマの影響もあり、これまでなら人工妊娠中絶したであろう生徒も『産む選択』をするようになった」と学校関係者は話す。以前なら出産に反対した親たちに、容認する傾向があるのも最近の特徴だという。

 あわてた高校では、産婦人科医に依頼して「生命の教育」を実施。妊娠や性病の問題、避妊方法などについても触れてもらった。

 真剣に聞いていた生徒たちからは、「性病についてもっと知りたい」「避妊の情報が欲しい」「中絶は何回以上はダメか」などの質問があった。この産婦人科医は「身体的に成熟した年齢の生徒らに、体を守る情報が不足していると感じた」と話す。

 性教育の課題や実践に詳しい千葉大講師(性教育)の関口久志さんは、「ある地方大学で調査したら、クラスの女子学生の1割が『中絶経験あり』と答えたこともある。性行動が活発化したのに、性についてきちんと学んでいないのは問題」と指摘する。

 「月経の周期や妊娠の仕組みなど、基本的な知識も持っていない。日本の若者の無防備さは先進国で突出している」と関口さん。

 若者に、情報を伝える取り組みを始めた地域もある。

 高知県は、高知市の商店街に県営の思春期相談センター「プリンク」を4年前に作った。水曜日を除く毎日、中高生が放課後に寄れるよう午後1~7時に開設。パソコンや雑誌があるスペースでくつろぐことができ、別室で相談もできる。

 6年前、同県では、10歳代の女性1000人あたりの人工妊娠中絶実施率が21・3件に上り、全国平均の13・0件をはるかに上回った。若者への調査で「親が知らない中絶が多い」「間違った性知識を持つ人が多い」「相談場所がない」ことがわかり、「プリンク」開設につながった。

 昨年度まで「プリンク」の利用者は年約7000人。7割が女性。個別相談の8割は性関連で、妊娠、性病などの悩みが主だった。2005年には10歳代の中絶実施率が15・9件に減り、県は手応えを感じている。

 「プリンク」の責任者で助産師の光本朱実さんは「親にも相談できず中絶する若者を見てきて、若い子に正しい知識を伝える必要を感じた。何でも相談できる“街の保健室”にしたい」と話している。

 青森県でも10歳代の中絶の多さに危機感が高まり、昨年、学校関係者や医師、保護者らで「あおもり思春期研究会」が発足した。避妊法や性病予防の啓発活動や、若者が同世代の相談に乗る「ピアカウンセリング」を始めた。

 未成年の妊娠を支えようという動きもある。埼玉県立大教授(母性看護学)の鈴木幸子さんらは、国の補助で2004年に小冊子「10代で妊娠出産した女性の支援」を作った。専門職向けに保護者との連携法や、支援する時に必要な配慮などを紹介。2000部印刷したら、学校や保健所などからの求めが相次いだ。

■ 相談・啓発 心身支えたい

 公立中学の養護教諭で、「自立クライシス」(岩波書店)の著書もある金子由美子さんは、何人もの若者から性や妊娠の相談を受けてきた。その経験から、無防備に見える若者の行動には「孤独感を埋めたい欲求」があると指摘する。

 「親や周囲の大人がリストラ、離婚、不倫などの悩みを抱え、その不安が子どもたちにも伝わっている。コミュニケーション力が十分に育っていない中、寂しさを埋めたいという気持ちが性交へのハードルを低くしている」と金子さんは言う。

 医師や助産師などで作る「性と健康を考える女性専門家の会」会長で産婦人科医の堀口雅子さんは、都内で思春期の無料相談室「ティーンズカフェ」も開いている。

 堀口さんは、若者の性に対するハードルが低くなった背後に、親の意識の問題があると指摘する。「今の親は婚前交渉を当然と考えてきた世代で、子どもの帰宅が遅くても干渉しない。妊娠は心配しても、性病については知識がなく、未成年に流行していることも知らない。まず親たちに性病や早すぎる性交のリスクなどを認識してもらうことが必要」と言う。

 堀口さんは、性行動の低年齢化は、性産業の広がりや、栄養状態の向上で子供の成熟が早まったことも要因と見る。「親や周囲は幼いうちから性を大切にすることを子に教えてほしい。子供向けの本を活用したり、信頼できるホーム産婦人科医を持つのもいい」と助言する。
 

性病 性感染症 クラミジア ニュース

↑   by No Name Ninja at 13:08

カテゴリー

最新記事

【女性用】自宅でできる性病検査キット

商品画像をクリック(注文にはなりません)し、検査できる性病の種類をご確認のうえ、ご注文下さい。

【STD-06】
性病検査キット STD-06(女性用)【美容健康商品・コンタクトレンズ・家電専門店Blue-Lagoon】
性病検査キット STD-06(女性用...
9,975円
商品ページへ
Ads by STMX

【STD-08】
性病検査キット STD-08(女性用)【美容健康商品・コンタクトレンズ・家電専門店Blue-Lagoon】
性病検査キット STD-08(女性用...
15,750円
商品ページへ
Ads by STMX

【STD-12】
性病検査キット STD-12(女性用)【美容健康商品・コンタクトレンズ・家電専門店Blue-Lagoon】
性病検査キット STD-12(女性用...
15,750円
商品ページへ
Ads by STMX

【STD-14】
性病検査キット STD-14(女性用)【美容健康商品・コンタクトレンズ・家電専門店Blue-Lagoon】
性病検査キット STD-14(女性用...
19,950円
商品ページへ
Ads by STMX

RSS

リンク

ブログ内検索

忍者ブログ | [PR]


Powered by 忍者ブログ
Template Designed by miu_uim